売りシグナル㊹下落途中の「ナンピン買い」はNG【ローソク足】

2020/02/07   -

■解説 人気の銘柄が下げてくると、ついつい、「これぐらいなら買ってもいいかな」とナンピン買い下がりを入れたくなるものだ。 しかし、ナンピンで成功するのは、長期の上げトレンドの押し目くらいなもの&#x2 …

売りシグナル㊸陰線と首つり線のダブルで天井を付ける【ローソク足】

2020/02/07   -

■概要 「株価が持ち合いの末にいきなり陽線続きとなり、人気化で高値を付ける」これはよくあるパターンだ。しかし、やがて、上げの限界はくる。 株価が上伸した後の大きな陰線、それに次ぐ「首つり線」の出現は天 …

売りシグナル㊷上げの後の「陽のはらみ線」は限界【ローソク足】

2020/02/07   -

■概要 出来高を伴った上げでも、最後の足が前の日の急騰の足の範囲にとどまれば、「上値限界」と見られる。 つまり前の日の終値よりも安く始まり、少し戻したが、大した値動きにならず、わずかに高く終わったとい …

売りシグナル㊶上放れ後の「窓開け陰線」【ローソク足】

2020/02/07   -

■概要 急騰に急騰を繰り返した後に、落とし穴が待っている。 株価はあげれば上がるほど、リスクは最大に近づくことを知るべきである。いかに素晴らしい材料があっても、株価は需給。「そろそろだ」と考えて、売り …

買いシグナル㊸「三手大陰線(大黒線)」【ローソク足】

2020/02/06   -

■概要 底値圏で出現します。 一見すると「大陰線が3日も連続で出ている!一刻も早く売らなければ!!」と考えてしまいがちです。しかし実はこの3日間の下げ幅は『1本目の大陰線でつけた安値』からそれほど下げ …

買いシグナル㊷上げの「二つ星・三ツ星」【ローソク足】

2020/02/06   -

◇概要 株価が上げ始めた段階で、突然小さな陰陽線が迷い子のように横に並んで出ることがある。 これを「二つ星」「三ツ星」といい、その星の出た位置により、上げの勢いが強いか弱いかが判断される。 これは「コ …

買いシグナル㊶陽線(下ヒゲあり)←陽線の抱き線

2020/02/06   -

■概要 ・下げ途中で陽線が現れるということは、売りの勢いに勝る買いが入ったことを示しています。しかも、翌日には大陽線をつけて買い人気が勢いづいているようにも見えます。 ☝️ …

買いシグナル㊵「急落後の二つの下ヒゲ(窓開け・下放れ)」【ローソク足】

2020/02/05   -

◾️「株価チャートの鬼100則」による解説 「美味しい底値買い」の極めてわかりやすいチャンスと言える。 上値から連続して陰線を付けたあと、下に放れて2本の下ヒゲが出た。これ …

買いシグナル㊴「三手打ち」【ローソク足】

2020/02/05   -

◾️「株価チャートの鬼100則」による解説 株価が下げている時に、突然、そのトレンドを打ち消すような大陽線が出ることがある。 それを「三手打ち」という。 基本的には、3つの …

買いシグナル㊳「放れ三手」でトレンド転換【ローソク足】

2020/02/04   -

◇概要 《放れ三手》とは、「それまでのトレンドと逆方向に窓開けしたローソク足」のことを言います。 ここで言う《放れ三手》は、下値から勢い良く上がる3本の陽線というのが条件です。その形が「坊主の大陽線」 …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク