買いシグナル㊸「三手大陰線(大黒線)」【ローソク足】

投稿日:2020年2月6日 更新日:

■概要

底値圏で出現します。

一見すると「大陰線が3日も連続で出ている!一刻も早く売らなければ!!」と考えてしまいがちです。
しかし実はこの3日間の下げ幅は『1本目の大陰線でつけた安値』からそれほど下げていないのです。(2日目、3日目とそれぞれ前日終値より高く寄り付いているため。詳しくは下記☝️ポイント参照。)

これは、1本目の大陰線の安値付近で買いを入れたいという投資家が多いためだと考えられます。

もちろん大陰線の3日連続なので上昇の勢いは弱いのですが、下げ止まりを予感させる形です。

その後株価が下げたところで、底値から立ち上がる陽線(その前にコマなどで保合があったとしてもok)が出て、さらに窓開けの陽線が出始めれば、底値が明らかになる。

☝️ポイント

前日終値(①)を翌日始値(②)が上回っている形になります。上記の6330東洋エンジニアリングのチャートでは、そのさらに翌日も同じような動きをしていることがわかります。ポイントは、前日の『安値』よりも大幅に下げていないということです。そこで買いを入れたいという投資家が多かったためと考えられます。

逆に以下のようなケースでは前日終値(①)に対してギャップを開けて翌日始値(②)を付けているので、『下値堅さ』は無いと考えられます。(さらにその前日も同じ動きをしていることがチャートから読み取れます)

■類似

天井圏上昇トレンド下落途中の反発局面でこの形が出現した場合は「三羽ガラス」という売りシグナルとなります。

⬇️参考文献

鬼100則 41 「三手大黒線」の底値

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

心理学編【ゾーン — 相場心理学入門】マーク・ダグラス

私の知り合いで専業投資家として成功している方がいらっしゃるのですが、その方に「今まで一番役に立った本はなんですか?」と聞いたら即答で「そりゃ間違いなく『ゾーン』だ」と言われました。 テクニックではなく …

不敗の機関投資家!【勝つ投資 負けない投資】≪後編≫片山晃/小松原周 著

リンク こちらの記事は後編:小松原氏の主張についてまとめています。前編:片山氏の主張についてはこちらをご覧ください👇 株で150億円稼いだ男!【勝つ投資 負けない投資】≪前編≫片山晃/ …

分厚いだけじゃない【『会社四季報』がもっとわかる 株で儲けるための「会社の数字」の読み方〜株式投資家のための会計知識〜】

リンク レビューしました。内容は、財務会計に関する内容が多く、証券アナリストの試験対策をしているようでした!むしろ証券アナリスト試験を受験予定の方にとっては、とてもわかりやすい参考書と言えるでしょう。 …

金持ちを目指すすべての人のバイブル【金持ち父さん 貧乏父さん】ロバート・キヨサキ著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。なお、2013年に改訂版が出ております。 リンク □■もくじ■□「ラットレース」ラットレースから抜け出すためには「学校に行って、しっかり勉強して、いい仕 …

仕手についての貴重な情報が知れる【仕手株でしっかり儲ける投資術】中原圭介著

リンク □■もくじ■□1章 儲ける投資家になるための発想①多数派と逆の行動をとる④迅速に損切りができる⑤短期投資を心がけている⑥ボラティリティ(価格変動率)の高い銘柄に日々注意する⑦一部の売買で利益の …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク




松井証券

コインチェック