売りシグナル⑭酒田五法❸黒三兵(三羽ガラス)【ローソク足】

投稿日:2019年9月24日 更新日:

◾️有効な局面

・《上昇トレンド》または《下落トレンドの中の戻りの場面(「天井圏」や「下落トレンドの反発局面」)》で、黒ローソクが3本連続して出現します

◾️解説

・最初の陰線が、前日の陽線の終値よりも安く寄ります。

※最初の陰線が前日の陽線の終値よりも高く寄った「押え込み線」はこれに似た形ですが、出現する場所が《上昇の初期》という違いがあります。その後の陽線の出現で買いシグナルとなるので、判別が大切です。

☆前日陰線の実体の中から始まる陰線(タスキ線)が3連続出現します。

・大陽線を上抜けることなく、下に抜けた場合は「黒三兵」です。

☝️ポイント

・それまでの高値を超えてからの3本連続陰線であれば、高確率で下がる前兆です。ここは「また上がる」などと考えずに、売るべき局面です。

◾️類似

大陽線を最終的に下放れることなく、再び上抜けてきた場合は「上げ三法」となります。

※長い陰線が続くと、底打ちの局面である可能性もあるので、相場状況を踏まえた判断をすることが大切です。

🔻この記事がいいね!と思ったらYouTubeのチャンネル登録🔔&高評価👍もお願い致します(_ _)

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

テンバガー(10倍株)のバイブル!【ピーター・リンチの株で勝つ−アマの知恵でプロを出し抜け】ピーター・リンチ著

アメリカ運用大手フィデリティの「マゼランファンド」を1977年から13年間運用。平均年率29%のリターンを出し、純資産総額を700倍に増やした。 テンバガー(10倍株)という言葉を世に広めた伝説のファ …

サラリーマンでも勝てる投資法!【1勝4敗でもしっかり儲ける 新高値ブレイク投資術】DUKE。著

リンク リンク 読んでレビューしていきます。なお、続編記事も書いておりますので本記事閲覧後に是非ご一読ください↓ 「買った瞬間に含み益」も大げさではない!【新高値ブレイクの成長株投資法】ふりーパパ×D …

心理学編【ゾーン — 相場心理学入門】マーク・ダグラス

私の知り合いで専業投資家として成功している方がいらっしゃるのですが、その方に「今まで一番役に立った本はなんですか?」と聞いたら即答で「そりゃ間違いなく『ゾーン』だ」と言われました。 テクニックではなく …

ZUU社長の伝著【営業〜野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】冨田和成著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 ZUUオンラインなどを手掛ける株式会社ZUUの社長の本ですね。2018年に上場を果たすなど躍進している会社の創業者だけにとても勉強になりそうです。 リ …

PEGレシオについてまとめてみた【「会社四季報」最強のウラ読み術】

リンク 🔻この記事がいいね!と思ったらYouTubeのチャンネル登録🔔&高評価👍もお願い致します(_ _) □■もくじ■□PEGレシオとは“利益”は何を …

Twitterフォローボタン

PR

PR

PR

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク