買いシグナル㊳「放れ三手」でトレンド転換【ローソク足】

投稿日:

◾️「放れ三手」と「三手放れ寄せ線」の違い

「放れ三手」

それまでのトレンドと逆方向に窓開けしたローソク足

「三手放れ寄せ線」

それまでのトレンドと順方向に窓開けしたローソク足

◾️解説

ここで言う「放れ三手」は、下値から勢い良く上がる3本の陽線というのが条件。その形が「坊主の大陽線」でも、「上ヒゲ陽線」でも、構わない。
大切なのは、下値から買いが断然増えて、買いが買いを呼び、3本以上の陽線が続くことである。

このローソク足の組み合わせが出た時は、下値確認からの上げなので、仕込んでもそうは心配がない。

欲を言えば初めの1本の陽線に乗って欲しい。早く気付いて素早く行動するのが勝利の鉄則である。びくびく投資の人は、陽線が3本も出てから、やっと思い腰を上げる。それはあまり歓迎できない。

株価の傾向として、3つも4つも大きな陽線が出て上げてきた株価は、いつ大量の利益確定の売りが出ても仕方がない。
すなわち、上げれば上げるほど、下げのリスクは高くなるのだ。
所詮は仕掛けた筋の買いである。仕掛けたからには、手じまい時もきちんと計算している。
くれぐれも、ファンドなどの利益確定のタイミングになってから買いを入れ、格好の餌食にだけはならないでいただきたい。

⬇️参考文献

鬼100則 25 「放れ三手」は方向転換

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

金持ちを目指すすべての人のバイブル【金持ち父さん 貧乏父さん】ロバート・キヨサキ著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。なお、2013年に改訂版が出ております。 リンク □■もくじ■□「ラットレース」ラットレースから抜け出すためには「学校に行って、しっかり勉強して、いい仕 …

分厚いだけじゃない【『会社四季報』がもっとわかる 株で儲けるための「会社の数字」の読み方〜株式投資家のための会計知識〜】

リンク レビューしました。内容は、財務会計に関する内容が多く、証券アナリストの試験対策をしているようでした!むしろ証券アナリスト試験を受験予定の方にとっては、とてもわかりやすい参考書と言えるでしょう。 …

ZUU社長の伝著【営業〜野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】冨田和成著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 ZUUオンラインなどを手掛ける株式会社ZUUの社長の本ですね。2018年に上場を果たすなど躍進している会社の創業者だけにとても勉強になりそうです。 リ …

投資家のバイブル!【ゾーン — 相場心理学入門】マーク・ダグラス

私の知り合いで専業投資家として成功している方がいらっしゃるのですが、その方に「今まで一番役に立った本はなんですか?」と聞いたら即答で「そりゃ間違いなく『ゾーン』だ」と言われました。 テクニックではなく …

大事なものだけ載せます【株の鬼100則】石井勝利著

リンク 私が特に覚えておきたい部分だけを抽出しております。 □■もくじ■□第1章 新時代の相場の動き01 業績と株価は連動しないと心得る02 業績が良くても株価は暴落する03 赤字でも株価が上がる04 …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク