買いシグナル㊴「三手打ち」【ローソク足】

投稿日:

◾️戻り売りか、上昇トレンド転換か、見極める

一般的に「三手打ち」は戻り売りのシグナルと言われている。

下げてきた反動での空売りの買い戻しの可能性があり、新たな売りのチャンスともなりうる。

しかし、下記書籍によると上げトレンドになるという。

◾️「株価チャートの鬼100則」による解説

株価が下げている時に、突然、そのトレンドを打ち消すような大陽線が出ることがある。

それを「三手打ち」という。

基本的には、3つのだらだらの下げの後に、そのローソク足を包み込む、打ち消すかのような強烈な上げ、すなわち、大きな陽線が出ると、相場の方向は上げトレンドに変わったと見るのが正しい。

ここで上げたのは、さしたる材料もなく不人気で売られてきたが、突然、大きな材料が出たか、もしくは、特定の筋の買いに投資家が相乗りした、というような動きである。

ここでは、前の下げを打ち消す大陽線となり、衆目にさらされる。
それをきっかけにして、更なる買いが集まるのだ。長期の上げか、短期かはその時の相場による。

⬇️参考文献

鬼100則 30 戻り売りの「三手打ち」

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

ZUU社長の伝著【営業〜野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】冨田和成著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 ZUUオンラインなどを手掛ける株式会社ZUUの社長の本ですね。2018年に上場を果たすなど躍進している会社の創業者だけにとても勉強になりそうです。 リ …

仕手についての貴重な情報が知れる【仕手株でしっかり儲ける投資術】中原圭介著

リンク □■もくじ■□1章 儲ける投資家になるための発想①多数派と逆の行動をとる④迅速に損切りができる⑤短期投資を心がけている⑥ボラティリティ(価格変動率)の高い銘柄に日々注意する⑦一部の売買で利益の …

株で150億円稼いだ男!【勝つ投資 負けない投資】片山晃/小松原周 著

バイトで貯めた65万円を25億円に増やした究極の個人投資家の片山晃氏。その秘訣を学んでいきましょう! リンク 本書は究極の個人投資家である片山晃氏と、不敗の機関投資家である小松原周氏の2部構成となって …

PEGレシオについてまとめてみた【「会社四季報」最強のウラ読み術】

リンク □■もくじ■□PEGレシオとは“利益”は何を使うかPEGレシオの目安ファンドマネージャーも用いるPEGレシオの有効性 PEGレシオとは 「Price Earnings Growth Ratio …

心理学の本としても最高でした【ゾーン — 最終章】マーク・ダグラス

投資だけでなく、人生で成功するための心理学を学べたと確信しています。 リンク ⬇️以前にレビューしたこちらの書籍の続編です。前作で学んだことをより深掘りして、具体的な手法に …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク