売りシグナル㉘天井圏で「つたい線の打ち返し」【ローソク足】

投稿日:2019年11月13日 更新日:

◾️状態

・2本連続陰線のことを「つたい線」といいます(3羽ガラスの一歩手前)。
・陽線を連ねて天井圏に到達すると、前日につけた陽線の高値より安く寄り付き、引けも下げるような陰線が続くことがあります。これらの陰線を「つたい線」といいます。
・その後は大陽線(これを「つたい線」に対する「打ち返し」といいます)をつけるなどして、一見、相場が堅調に見えることがあります。
・この一連の株価の動きは「つたい線の打ち返し」といって、「売り圧力が増大しているシグナル」とされています。
・大陽線をつけても、上値をなかなか抜けない展開なら、その後は反落して、下落基調に転じる可能性が高いでしょう。

◾️心理的には

・こうした反落を予感させるシグナルが現れても、手持ちの株があると、自分に都合のいいように相場展開を解釈しがちです。
・しかし、つたい線の打ち返しのあとに、出来高が細り出して長い陰線をつけるようでしたら、一度は手仕舞うべきでしょう。

参考文献

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

お金持ちになるヒントが得られた【ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣】

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 リンク □■もくじ■□実業家として成功するための3つの要素第1の秘訣サービスの質と量で報酬額は決まる世の中には、二通りの人間しかいない。自由な人と不自 …

サラリーマンでも勝てる投資法!【1勝4敗でもしっかり儲ける 新高値ブレイク投資術】DUKE。著

リンク 読んでレビューしていきます。 □■もくじ■□はじめに「新高値をつけた銘柄を買って、さらに高値で売る」こつこつドカン!を目指す投資術負けたときに損失を大きくしない第1章 サラリーマン投資家でも資 …

株で150億円稼いだ男!【勝つ投資 負けない投資】片山晃/小松原周 著

バイトで貯めた65万円を25億円に増やした究極の個人投資家の片山晃氏。その秘訣を学んでいきましょう! リンク 本書は究極の個人投資家である片山晃氏と、不敗の機関投資家である小松原周氏の2部構成となって …

ウォーレン・バフェットが株主総会で配った書籍!【投資で一番大切な20の教え−賢い投資家になるための隠れた常識】ハワード・マークス

リンク □■もくじ■□はじめに①二次的思考をめぐらす市場を大きく動かすのは投資家の心理である二次的思考をするには、以下のように非常に多くのことを頭に入れなければならない。②市場の効率性(とその限界)を …

ZUU社長の伝著【営業〜野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】冨田和成著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 ZUUオンラインなどを手掛ける株式会社ZUUの社長の本ですね。2018年に上場を果たすなど躍進している会社の創業者だけにとても勉強になりそうです。 リ …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク