買いシグナル㉝上放れ「たすき線」【ローソク足】

投稿日:2019年12月24日 更新日:

▷たすき(タスキ、襷)とは

お祭りや農作業でみかけるこのバッテンのような縛り方を「たすき掛け」と言いますね。運動会や政治家のスピーチで利用するものも「たすき」と言いますが、本来的な意味としては前者の方みたいです。

◾️(陰の)たすき線

「陽線を付けた翌日、前日終値よりも低く寄り付き、前日始値よりも低く引けたローソク足の組み合わせ」のこと

しかし、当チャートのように、「前日始値よりも低く引け」ていなくても、「陽線に対して、それを打ち消すかのような陰線が、上げの途中に出た」ようなざっくりとした認識でもOK。

◾️状況

投資では利益確定の売りは必ずある。
それをこなすために、株価が一時的に下がる。
実はこの動きが株価の上値を高くする。

買い一方であれば、買った人ばかりになり、「売り待ち」の人が多くなる。
いわゆる「重い」状態で、これは株価の上げを重くするのだ。

しかし、たすき掛けの売りが出れば、買う人もいるが、売る人もいることが示される。
売った人は次にまた買うだろう。新しい買い方が出てくる。

売り買いの回転で、次第に高値に向かう。

この循環が株価の上げを可能にする。だから、このシグナルはきちんと見ておく必要がある。
押し目買いのポイントなのである。
底値を付けて上げ始めた時に、利食いのための下げが小幅になったら「押し目買い」のチャンスとなる。

「陰線はよくない」というトラウマは避けたい。陰線がたまに出ることは、株価の勢いの補給のようなものだ。

☝ポイント

次のローソク足が陽線であることを確認した段階で買いを入れましょう!上昇トレンド継続の兆候です。

「上放れ」という動き自体が『上昇トレンド』を予感させる動きなので、この陰線が「押し目買い」の機会であったということが後々わかることになります。

👇類似(たすき線と差し込み線は似ています)

⏬逆のパターン

⬇️参考文献

鬼100則 21 上放れの「たすき線」

🔻この記事がいいね!と思ったらYouTubeのチャンネル登録🔔&高評価👍もお願い致します(_ _)

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

「エナフンさんの梨の木」の筆者!【エナフン流株式投資術】奥山月仁著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 リンク 🔻この記事がいいね!と思ったらYouTubeのチャンネル登録🔔&高評価👍もお願い致します(_ …

株で150億円稼いだ男!【勝つ投資 負けない投資】≪前編≫片山晃/小松原周 著

バイトで貯めた65万円を25億円に増やした究極の個人投資家の片山晃氏。元々学校中退でネトゲオタクだったところ、ビッグマネー(フジテレビ)という番組を観て株式投資を始めたそうです。成功の秘訣を学んでいき …

【書評・レビュー】テクニカル分析で「勝つ」FX

こんにちは、管理人のみっちー(@m_hayashi )です。今回レビューする書籍は、株式投資ではなくFXのテクニカル分析についてです。森好治郎さんと鈴木隆一さんによる共著なのですが、株と為替 …

大事なものだけ載せます【株の鬼100則】石井勝利著

リンク 私が特に覚えておきたい部分だけを抽出しております。 🔻この記事がいいね!と思ったらYouTubeのチャンネル登録🔔&高評価👍もお願い致します(_ …

不敗の機関投資家!【勝つ投資 負けない投資】≪後編≫片山晃/小松原周 著

リンク こちらの記事は後編:小松原氏の主張についてまとめています。前編:片山氏の主張についてはこちらをご覧ください👇 株で150億円稼いだ男!【勝つ投資 負けない投資】≪前編≫片山晃/ …

Twitterフォローボタン

PR

PR

PR

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク