書籍レビュー『小泉信三エッセイ選1 善を行うに勇なれ』

投稿日:2019年12月11日 更新日:

美澤先生を偲ぶ(抄)

錬磨の力

先生は秀才でも天才でも英雄でもない。平凡な方であったと思います。その平凡な方が唯一つ「誠実」というものを持っておった。

夫子ノ道ハ忠恕ノミ

いうまでもなく、これは論語の有名な章句である。

忠とは何か。己れを尽すことであるという。
恕とは何か。己れを推して人に及ぼすことであるという。

今の言葉にすれば忠は誠実、恕は思いやりであろう。

ごまかすな、ずるけるな、自分のことを人の身になって、人のことをわが身のこととして思え、ということは今日のわれわれにとっても最高の格律ではないか。

感謝を知る人となれ

確かなことは、感謝を知る人は、己れ自身とともに周囲の人々を幸福にするということである。

道徳教育と耳と目

徳教は目より入りて耳より入らず

福澤諭吉が説いた。
耳に結構な言葉をきかせるよりも、目に立派な実行を見せることこそ大切だ。

気ままへの阿ねり(おもねり)

吾々は力めてすること、即ち或る忍耐と努力をすることによって、遥かにより多くの自由を得ることを思わなければならぬ。教育とはそういうものではないか。

肉体的の能力についてそれは明らかである。水泳を知らないものは水に落ちれば溺れて死ぬ。しかし水泳を習うには、或る努力を要する。天性水の嫌いな人間もある。練習の間に何度も水を呑むかも知れぬ。それがイヤだからといって練習せずにいれば、差し当りは楽かも知れないが、それでは、何時までも泳げない。泳げないものは、水難に遭えば死ぬ。死ぬのが人間の自由か、助かる方が自由か。僅かに力めることを回避して大きい自由を失うのは、人間として賢いことなのか否か。それは答えるまでもないことだろう。

音楽の譜も同様であろう。楽譜の読めないものには五線紙上の点々は何の意味もないものだが、読めるものには、それは美しいメロディーを伝えるのである。学ぶのが厄介だから、といって回避するよりも、初めはイヤでも、力めて学べというのが本当の親切ではないか。甘やかしと機嫌とりを民主的とする誤解とその弊害は、すでに随所に現れてきているように見える。

寛容と規律

旧帝国海軍の連合艦隊将兵が、月月火水木金金と唱えて、一週七日、一日の休みもなく訓練に励んだという話は、今は一場の昔語りとなった。それをそのまま復活せよということは、今は誰れもいうものはあるまい。しかし、明治の興隆を成し遂げた日本国民が、至厳の訓練をいとわぬ国民であったという事実は、動かされない。何時の世も、何処の国でも、らくをして成功するという、そんなウマイ話はあり得ないのである。

夏目漱石の「私の個人主義」

漱石の講演録に「私の個人主義」というのがあり、私はよくそれを引く。

彼れのいう「自己本位」とは、利己主義ということではない。漱石のいうことは、己れに対して正直であれ、自分の心に忠実であれ、自分の食べるものの味は自分で味わえ、どんなえらい人のいうことでも、その口真似をするな、ということに帰着する。

漱石もはじめは他人本位で、他人の批評を呑み込もうとしたため何時までも不安と不満を去ることが出来なかったが、右のロンドン留学中に、煩悶の末、始めて気がついて、「自己本位」という言葉を握ってから「大変強くなりました」といっている。

右にいう「自己本位」は、また、人が自分の脚で立つということでもある。私のよく引くたとえであるが、船が動揺しても、足元のたしかなものはよろけない。脚が弱いと、動揺のたび毎に右舷左舷へとよろけなければならぬ。もしも船が右に傾いたとき乗客がみなよろけて右舷になだれ寄り、左に傾いたときに左舷に寄るということであったなら、船の動揺は必ず加大されて、或いは船を危うくするかもしれない。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

金持ちを目指すすべての人のバイブル【金持ち父さん 貧乏父さん】ロバート・キヨサキ著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。なお、2013年に改訂版が出ております。 リンク □■もくじ■□「ラットレース」ラットレースから抜け出すためには「学校に行って、しっかり勉強して、いい仕 …

投資家のバイブル!【ゾーン — 相場心理学入門】マーク・ダグラス

私の知り合いで専業投資家として成功している方がいらっしゃるのですが、その方に「今まで一番役に立った本はなんですか?」と聞いたら即答で「そりゃ間違いなく『ゾーン』だ」と言われました。 テクニックではなく …

買った瞬間に含み益【新高値ブレイクの成長株投資法】ふりーパパ×DUKE。著

リンク □■もくじ■□2人の著者の共通投資スタイルとはオニール式成長株投資法テクノファンダメンタル新高値を狙うメリットは10倍株が出現しやすい業種は決まっている具体的な企業名情報サービス業サービス業小 …

テンバガー(10倍株)のバイブル!【ピーター・リンチの株で勝つ−アマの知恵でプロを出し抜け】ピーター・リンチ著

アメリカ運用大手フィデリティの「マゼランファンド」を1977年から13年間運用。平均年率29%のリターンを出し、純資産総額を700倍に増やした。 テンバガー(10倍株)という言葉を世に広めた伝説のファ …

PEGレシオについてまとめてみた【「会社四季報」最強のウラ読み術】

リンク □■もくじ■□PEGレシオとは“利益”は何を使うかPEGレシオの目安ファンドマネージャーも用いるPEGレシオの有効性 PEGレシオとは 「Price Earnings Growth Ratio …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク