売りシグナル㉜高値圏での「上放れ陰線」【ローソク足】

投稿日:

◾️解説

高値圏では暴走とも思えるような勢いで窓を開けて寄り付き、その後、引けにかけて値を消す。これが「上放れ陰線」です。

仮に上放れ陰線が現れれば、迷わず売り逃げるべきで、さらなる上値があったとしても気にする必要はないでしょう。上放れ陰線が出たあとは、急落の危険性が増すために、売り逃げられなかったときのリスクを考慮しなければならないからです。

参考文献

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

金持ちを目指すすべての人のバイブル【金持ち父さん 貧乏父さん】ロバート・キヨサキ著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。なお、2013年に改訂版が出ております。 リンク □■もくじ■□「ラットレース」ラットレースから抜け出すためには「学校に行って、しっかり勉強して、いい仕 …

仕手についての貴重な情報が知れる【仕手株でしっかり儲ける投資術】中原圭介著

リンク □■もくじ■□1章 儲ける投資家になるための発想①多数派と逆の行動をとる④迅速に損切りができる⑤短期投資を心がけている⑥ボラティリティ(価格変動率)の高い銘柄に日々注意する⑦一部の売買で利益の …

大事なものだけ載せます【株の鬼100則】石井勝利著

リンク 私が特に覚えておきたい部分だけを抽出しております。 □■もくじ■□第1章 新時代の相場の動き01 業績と株価は連動しないと心得る02 業績が良くても株価は暴落する03 赤字でも株価が上がる04 …

PEGレシオについてまとめてみた【「会社四季報」最強のウラ読み術】

リンク □■もくじ■□PEGレシオとは“利益”は何を使うかPEGレシオの目安ファンドマネージャーも用いるPEGレシオの有効性 PEGレシオとは 「Price Earnings Growth Ratio …

「エナフンさんの梨の木」の筆者!【エナフン流株式投資術】奥山月仁著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 リンク □■もくじ■□ピーターリンチを参考にした大化け株の7つの特徴四季報 ピーターリンチを参考にした ピーターリンチの株で勝つ 株式投資の法則 5銘 …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク