空売りで注意する点

投稿日:2024年3月10日 更新日:

こんにちは、管理人のみっちー(@m_hayashi )です。

空売りには下落相場でも利益を取れるチャンスがある反面、買いにはない注意点があります。取引の前に必ず認識しておきましょう。

①投資額以上の損失が出る可能性がある

まず買いの場合を考えます。100万円の株(株価100円×1万株としましょう)を買って、株価が0円になったら損失額は100万円です。

次に売りの場合を考えます。株価100円の時、下がるだろうと予想して1万株買います。精算金額は100万円です。しかし思いとは逆に株価が300円に急騰してしまい、不本意ながら買い戻しをします。するとどうでしょう。300円×1万株=300万円で買って100万円で売ったことになるので、200万円の損失となります。当初の投資額は100万円でしたので、投資額を超える損失を出してしまいました。

こういった状況を防ぐために、以下の対策を心がけます。

・ボラティリティの高い銘柄は取引しない
・もし損失が出たら早めに損切りする

②逆日歩(ぎゃくひぶ)というコストが高くつく→踏み上げによる株価急騰リスク

逆日歩とは、空売りする際に支払うコストの一つです。通常、空売りの際に支払うコストは貸株料と言います。しかし銘柄によっては、株不足のため貸株料とは別にこの逆日歩というコストがかかってくるのです。

そして厄介なことに、逆日歩が付いた銘柄はその後急騰する可能性が高くなります。それは、すでに空売りしている人たちが、「逆日歩という追加コストがかかるようになるのなら、今の値段で買い戻そう(返済)」という行動に出るからです。『逆日歩に買いなし』という株の格言もあります。ただでさえ既に空売りポジションを持っていて含み損になっている人が多いでしょうから、ここから踏み上げ(損失覚悟の買戻し)によりさらに株価は急騰する可能性があります。

「さすがに上がりすぎだから空売りしておくか」と気軽な気持ちでやるのはやめて、貸借状況を必ずチェックしてから行動に移しましょう。

逆に急騰中の銘柄を見つけた場合、貸借倍率を調べて1倍以下(つまり空売りの方が多い場合)ならは、将来買戻しにより株価上昇につながることを先読みして買いに出るという選択も考えましょう。その後逆日歩発生による踏み上げが起きたら、絶好の利食いチャンスです。

③空売りできない銘柄も結構ある

上場したばかりだったり、時価総額の小さな銘柄は空売りできないケースがあります。

ただ、私が読んだ書籍の情報では、松井証券auカブコム証券では一般的に空売りできないと言われている銘柄でも証券会社独自の仕組みで空売りできるようです。

私も上記の2社はメインで取引しているので、個人投資家、特にデイトレをやる人に向けた仕組みが整っているなーとつくづく感じます。おすすめです。

🔻この記事がいいね!と思ったらYouTubeのチャンネル登録🔔&高評価👍もお願い致します(_ _)

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

テンバガー(10倍株)のバイブル!【ピーター・リンチの株で勝つ−アマの知恵でプロを出し抜け】ピーター・リンチ著

アメリカ運用大手フィデリティの「マゼランファンド」を1977年から13年間運用。平均年率29%のリターンを出し、純資産総額を700倍に増やした。 テンバガー(10倍株)という言葉を世に広めた伝説のファ …

不敗の機関投資家!【勝つ投資 負けない投資】≪後編≫片山晃/小松原周 著

リンク こちらの記事は後編:小松原氏の主張についてまとめています。前編:片山氏の主張についてはこちらをご覧ください👇 株で150億円稼いだ男!【勝つ投資 負けない投資】≪前編≫片山晃/ …

サラリーマンでも勝てる投資法!【1勝4敗でもしっかり儲ける 新高値ブレイク投資術】DUKE。著

リンク リンク 読んでレビューしていきます。なお、続編記事も書いておりますので本記事閲覧後に是非ご一読ください↓ 「買った瞬間に含み益」も大げさではない!【新高値ブレイクの成長株投資法】ふりーパパ×D …

【書評・レビュー】テクニカル分析で「勝つ」FX

こんにちは、管理人のみっちー(@m_hayashi )です。今回レビューする書籍は、株式投資ではなくFXのテクニカル分析についてです。森好治郎さんと鈴木隆一さんによる共著なのですが、株と為替 …

成功者のトレード手法をまなぶ【マーケットの魔術師〜米トップトレーダーが語る成功の秘訣〜】ジャック・D・シュワッガー

リンク 著者のジャック・D・シュワッガーがインタビューに成功した、世界有数のやり手トレーダーたちの話をまとめたものですね。彼らの驚くべき成功の裏に隠された秘密にせまる! 🔻この記事がい …

Twitterフォローボタン

PR

PR

PR

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク