買いシグナル㉖突っ込み陽線【ローソク足】

投稿日:2019年9月26日 更新日:

・「下がり続けていた株価が、さらに窓あけするぐらい下がったが、反発し始めている」ということを意味します。

・急落後の急反発ですから、突っ込み陽線の安値が相場の「底」になる可能性が高いのです。

・下ヒゲが付いていれば、買いシグナルとしての信頼度は高いと言えます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

YouTuber坂本彰さんの著書!【給料は当然もらって、株で10万を1年で月収20万に!】

リンク □■もくじ■□決算チェックなんて1分で終わる半年間の保有が基本ルールどう考えても、データー的に内需株が一番イケてます日経平均EPSは上昇し続けている日経平均株価は2万4000円に再び向かう!米 …

投資家のバイブル!【ゾーン — 相場心理学入門】マーク・ダグラス

私の知り合いで専業投資家として成功している方がいらっしゃるのですが、その方に「今まで一番役に立った本はなんですか?」と聞いたら即答で「そりゃ間違いなく『ゾーン』だ」と言われました。 テクニックではなく …

ZUU社長の伝著【営業〜野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】冨田和成著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 ZUUオンラインなどを手掛ける株式会社ZUUの社長の本ですね。2018年に上場を果たすなど躍進している会社の創業者だけにとても勉強になりそうです。 リ …

ユダヤ人にお金持ちが多いわけだ【ユダヤ人大富豪の教えⅡ さらに幸せな金持ちになる12のレッスン】

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 リンク □■もくじ■□はじめに富を引き寄せる人間になるための4原則ハッピーなミリオネアに必要な五つのクオリティー自分を動かすための五つのテクニックミリ …

テンバガー(10倍株)のバイブル!【ピーター・リンチの株で勝つ−アマの知恵でプロを出し抜け】ピーター・リンチ著

アメリカ運用大手フィデリティの「マゼランファンド」を1977年から13年間運用。平均年率29%のリターンを出し、純資産総額を700倍に増やした。 テンバガー(10倍株)という言葉を世に広めた伝説のファ …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク