売りシグナル㉞高値圏での「上放れ十字線」【ローソク足】

投稿日:

◾️解説

「寄引同時線」のなかでも「十字線」は、どの段階で現れても気迷いを意味します。

とりわけ、株価が上昇する最終局面に「上放れ十字線」が現れれば、相場の転換を暗示、つまり下落を意味しているといえるでしょう。

この十字線は、売り方と買い方の力が拮抗していることから、調整と見ることができるかもしれません。おそらく実際にこうした銘柄を持っていたときに、高値圏で十字線が現れれば、非常に迷うはずです。

そのようなときには、「グランビルの法則」を思い出してください。高値圏で十字線をつけるときは、多くの場合、株価は移動平均線の上に位置しているはずです。

そこで十字線の次に現れるローソク足が長い上ヒゲを伸ばしていたり、大陰線だったら、売りと判断してもいいでしょう。

それでも決断できないときは、株価がもう少し下落して移動平均線と接触してくれば、売る決断もできるはずです。

参考文献

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-

関連記事

テンバガー(10倍株)のバイブル!【ピーター・リンチの株で勝つ−アマの知恵でプロを出し抜け】ピーター・リンチ著

アメリカ運用大手フィデリティの「マゼランファンド」を1977年から13年間運用。平均年率29%のリターンを出し、純資産総額を700倍に増やした。 テンバガー(10倍株)という言葉を世に広めた伝説のファ …

金持ちを目指すすべての人のバイブル【金持ち父さん 貧乏父さん】ロバート・キヨサキ著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。なお、2013年に改訂版が出ております。 リンク □■もくじ■□「ラットレース」ラットレースから抜け出すためには「学校に行って、しっかり勉強して、いい仕 …

ZUU社長の伝著【営業〜野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて】冨田和成著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 ZUUオンラインなどを手掛ける株式会社ZUUの社長の本ですね。2018年に上場を果たすなど躍進している会社の創業者だけにとても勉強になりそうです。 リ …

顧客資産を75倍にした元証券マン!【本当に儲かる「株」講座】 原田茂行著

顧客資産1660万円を12億5000万円まで増やした!!大和・日興・野村を渡り歩いて導き出した必勝投資法!! 学んでいきましょう! リンク □■もくじ■□プロローグ講座1 証券会社を信用するな父の失敗 …

日本初テンバガー発掘法!【[テンバガー] 10倍株で勝つ】朝香友博著

今回はこちらの書籍をシンプルにまとめてみました。 BLOG「『大化け株投資』のすすめ」の朝香さんの書籍です。 参考になる点が多かったです! リンク □■もくじ■□本書はこんな人におすすめ「10倍株の見 …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク