「 売りシグナル【ローソク足】 」 一覧

売りシグナル㊻下落途中の「ナンピン買い」【ローソク足】

2020/02/07   -

■解説 人気の銘柄が下げてくると、ついつい、「これぐらいなら買ってもいいかな」とナンピン買い下がりを入れたくなるものだ。 しかし、ナンピンで成功するのは、長期の上げトレンドの押し目くらいなもの。 高値 …

売りシグナル㊺陰線と首つり線のダブルで天井を付ける【ローソク足】

2020/02/07   -

■解説 株価が持ち合いの末に、いきなり、陽線続きとなり、人気化で高値を付ける。これはよくあるパターンだ。しかし、やがて、上げの限界はくる。高値限界のシグナルは、色々述べてきたが、誰もが納得するシグナル …

売りシグナル㊹上げの後の「陽のはらみ線」は限界【ローソク足】

2020/02/07   -

■解説 出来高を伴った上げでも、最後の足が、前の日の急騰の足の範囲にとどまれば、「上値限界」と見られる。 つまり前の日の終値よりも安く始まり、少し戻したが、大した値動きにならず、わずかに高く終わったと …

売りシグナル㊷上放れ後の「窓開け陰線」【ローソク足】

2020/02/07   -

■解説 急騰に急騰を繰り返した後に、落とし穴が待っている。 株価はあげれば上がるほど、リスクは最大に近づくことを知るべきである。いかに素晴らしい材料があっても、株価は需給。「そろそろだ」と考えて、売り …

売りシグナル㊶上放れ上ヒゲ陽線の後の「陰のはらみ線」【ローソク足】

2020/02/07   -

■解説 上値で窓を開けた上ヒゲ陽線が出ると、市場に「高値意識」が漂うことに注意が必要になる。 高値圏でいきなりの窓開け陽線となれば、次には「窓埋め」(窓が開く前の高値まで株価が戻ってくること)が意識さ …

売りシグナル㊵(上放れ)「三手放れ寄せ線」【ローソク足】

2020/01/31   -

◾️「放れ三手」と「三手放れ寄せ線」の違い 「放れ三手」 それまでのトレンドと逆方向に窓開けしたローソク足 「三手放れ寄せ線」 それまでのトレンドと順方向に窓開けしたローソ …

売りシグナル㊴下放れ「たすき線」【ローソク足】

2020/01/09   -

◾️(陽の)たすき線 「陰線を付けた翌日、前日終値よりも高く寄り付き、前日始値よりも高く引けたローソク足の組み合わせ」のこと しかし、「前日始値よりも低く引け」ていなくても …

売りシグナル㊳「冷やし玉」【ローソク足】

2019/12/29   -

◾️解説 ・仕手筋が好んで使う手法。 ファンドや大手証券なども常に行う手段である。 ・ある銘柄の株価を上げたい、その銘柄を買わせたいというタイミングで、意図的に情報を流し、 …

売りシグナル㊲「下放れ黒2本」は即刻手仕舞い【ローソク足】

2019/11/22   -

◾️解説 株価の下落基調が明らかになりしばらくすると、前日のローソク足から下放れて、2本の陰線が並ぶことがあります。 これを「下放れ黒2本」といいますが、こうしたローソク足 …

売りシグナル㊱下落局面での「三つ星」は再下落の幕開け【ローソク足】

2019/11/22   -

◾️解説 株価が高値圏から下がってくると、一時的にもみ合うことがあります。とくに小陽線や小陰線が3本連続してもみ合う(これを「下げの三つ星」といいます)ようなことがあると、 …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク