「 買いシグナル【ローソク足】 」 一覧

買いシグナル㊺上げ「途中の試練」に耐えられるか【ローソク足】

2020/02/08   -

■「株価チャートの鬼100則」による解説 これは小型の仕手系銘柄の癖である。 株価が上げて行く途中には、買い時もあるが、動きが弱くなれば、意図的な「売り仕掛け」も当然ながらある。これに驚かないで、しっ …

買いシグナル㊹底値圏での「三手大黒線」【ローソク足】

2020/02/06   -

■解説 三手大黒線、すなわち「三つの長い陰線」が出ると、そろそろ底値かとザワついてくる。その後、株価が下げたところで、いくつかのコマと言える陰陽線が出ることで底値が明らかになる。 このように、小さなロ …

買いシグナル㊷上げの「二つ星・三ツ星」【ローソク足】

2020/02/06   -

■解説 株価が上げ始めた段階で、突然、小さな陰陽線が迷い子のように横に並んで出ることがある。 これを「二つ星」「三ツ星」といい、その星の出た位置により、上げの勢いが強いか弱いかが判断される。 これは「 …

買いシグナル㊶抱き線が出た後の上放れは買い【ローソク足】

2020/02/06   -

■「株価チャートの鬼100則」による解説 絶対に見逃さない仕込みのチャンスを教えよう。それは、抱き線の後の連続陽線や「窓開け陽線」に見ることができる。これで、下値からの反発が確約される。 すなわち、上 …

買いシグナル㊵「急落後の二つの下ヒゲ」【ローソク足】

2020/02/05   -

◾️「株価チャートの鬼100則」による解説 「美味しい底値買い」の極めてわかりやすいチャンスと言える。 上値から連続して陰線を付けたあと、下に放れて2本の下ヒゲが出た。これ …

買いシグナル㊴「三手打ち」【ローソク足】

2020/02/05   -

◾️戻り売りか、上昇トレンド転換か、見極める 一般的に「三手打ち」は戻り売りのシグナルと言われている。 下げてきた反動での空売りの買い戻しの可能性があり、新たな売りのチャン …

買いシグナル㊳「放れ三手」でトレンド転換【ローソク足】

2020/02/04   -

◾️「放れ三手」と「三手放れ寄せ線」の違い 「放れ三手」 それまでのトレンドと逆方向に窓開けしたローソク足 「三手放れ寄せ線」 それまでのトレンドと順方向に窓開けしたローソ …

買いシグナル㊲「連続下げ三手放れ三ツ星」【ローソク足】

2020/02/04   -

◾️「放れ三手」と「三手放れ寄せ線」の違い 「放れ三手」 それまでのトレンドと逆方向に窓開けしたローソク足 「三手放れ寄せ線」 それまでのトレンドと順方向に窓開けしたローソ …

買いシグナル㊱底値圏での「寄り切り線」【ローソク足】

2020/01/30   -

■解説 ・陽の「寄り切り線」=寄り付き(始値)が一番安い株価となるローソク足。陽の寄り切り線、陽の丸坊主でもOK。 ・大底でも、押し目でも出る下値限界のシグナルであり、このタイミングをきちんと見分けて …

買いシグナル㉟連続線からの上放れ不連続線【ローソク足】

2020/01/09   -

◾️解説 一般的に、株価の動きは、連続している。すなわち、前の日のローソク足とつかず離れず、上値か下値がくっついているのが一般的だ。「持ち合い相場」では、大体が陽線、陰線の …

Twitterフォローボタン

⏬最近よく読まれた記事ランキング

⏬最近よく読まれた記事ランキング

Trending

スポンサーリンク